未成年でカードは作れてもキャッシングは不可な理由

一般向けのカードや学生向けのクレジットカードは、高校生以外の18歳以上で親の許可があれば作成できることがあります。
しかし、キャッシング枠を付加するのは20歳以上でないとできません。
中学校や高校を卒業して十分な収入があれば、借入ができる条件を満たすのではと考える方もいますが、法律が関わってくるため成人でないと契約ができないのです。
クレジットカードに付いては割賦販売法に基づいて運営されます。
商品を購入する際に、カード会社が加入を認められた契約者の決済を立替払いすることが可能になります。
ただし、審査で決められたショッピング限度額の範囲となるので、無制限に使える訳ではありません。
未成年は利用不可能とする決まりはないので、親権者の許可があれば使えることになります。
学生の場合は、親の信用情報で審査の可否の判断をすることもあります。
キャッシング枠はお金を借りることになるので、割賦販売法は適用されません。
貸金業法が適用されるので、正社員でもアルバイトでも収入があれば認められるのではと考えがちです。
しかし、民法で借入の契約ができる年齢が成人に達している人という規定があり、未成年は責任がないということで契約をしても無効となる決まりがあります。
カードを申し込む時に本人確認の書類を提出するので、未成年が年齢を偽ってもキャッシングはできません。