カフェを開くときには飲食店営業許可の手続きを

趣味も兼ねてコーヒーショップなど、カフェをオープンすることになったら、立派な飲食店ですから、事業を始めるにあたり許認可が必要です。
全国規模の大手カフェチェーン店などとは異なり、個人でオープンをするカフェは、こじんまりとしていて、アットホームな雰囲気ですが、商売であることには変わりません。
保健所や警察署に消防署、ほかにも地区町村や、都道府県などでの手続きです。
地方に行くほどにのどかで、ゆったりとした感じが出てきやすいですが、だからといって許認可手続きを踏まずにお店を開いてしまうと、法律で罰せられてしまいます。
刑事罰では罰金の支払いですが、せっかくオープンさせたカフェが、営業停止になってはかないません。
飲食店の許認可の手続きをすることで、こうしたペナルティーを受けることなく、念願のカフェを開店させることができます。
保健所の窓口に出向いて申請をするのは、飲食店営業許可の手続きであり、お店を開く地域管轄の保健所での申請です。